バイリンガル教育の落とし穴!失敗しない子育て法

「0歳から英語を学ばせているけど、英語どころか日本語も下手になってしまった」

という話をよく聞きます。

子どもに期待をして0歳から英語に触れさせ、

英才教育をしてきたつもりが、とんでもない失敗を招くことが実際にあります。

この記事では、バイリンガル教育のリスクや

失敗しない英語教育についてまとめています。

 

スポンサーリンク

 

バイリンガル教育は早ければ早いほど良いはウソ?

英語教育は「早く始めるほど良い」ということが言われていますが、

実は失敗のリスクも非常に高いです。

子どもにバイリンガル教育をしていた方の中には、

「英語どころか日本語も周りの子と比べると苦手」

「どちらも片言のような感じになってしまった」なんて

取り返しのつかないような状況になってしまった方もいます。

 

そういった失敗の原因は、

ほぼ間違いなく「日本語と英語を同時に学んだことによって脳が混乱したから」です。

特に日本語もまともにしゃべれない幼児期に、

日本語で話しかけたり、英語で話しかけたり、

言葉をごっちゃごちゃに使っていると、

子どもは混乱して、どちらの言語も中途半端になってしまいます。

 

特に海外に住んでいる方は、

注意した方が良いかもしれません。

バイリンガル教育に成功した方は、

「子どもが混乱しないように、自分は日本語、主人は英語で話しかけることを徹底している」

「日本語の読み書きは徹底してやらせた」

などの工夫をされている方が圧倒的に多いです。

 

何も対策をせずに放っておいても、

子どもが勝手にバイリンガルになるわけではありません。

 

また、日本で生活している方でも、

英語教材を使って英語学習をさせる場合は要注意です。

「英語学習を始めるのは早ければ早いほど良い」

思われがちですが、

そんなことはありません。

むしろやりすぎると逆効果です。

単語や英会話など、本格的な英語学習を始めるのは

早くても日本語がしっかりできるようになる5歳ごろから、

5歳未満の場合は、

音声CDなどを流して英語の音に触れさせる程度で、

決してやりすぎてはいけません。

スポンサーリンク

 

幼児の英語教育はいつから始めるべきか?何歳が適齢期!?

大学入試が変わる!2020年からは英語が話せないとダメになる!?

英語と年収の関係 TOEIC高得点者の約半数が1000万超え!?

スピークナチュラルの評判や口コミは?小中学生におすすめな理由とは?

ロゼッタストーン(英語)の評判や効果は?内容を簡単にまとめると