名刺交換で使えるビジネス英語と一連の流れ

この記事では、外国人相手に英語で名刺交換するときの英語表現をまとめています。

名刺交換は頻繁に行うと思いますので、ぜひネイティブからの第一印象を良くできるようにしておきたいですね。

 

自分の名前を伝える

・Hi, I’m Kenta Tanaka from ABC Corp. 私は株式会社ABCの田中健太と申します。

・It’s nice to meet you. よろしくお願いいたします。

・Please call me Kenta.私のことはケンタと呼んで下さい。

日本の名刺交換では必ず「よろしくお願いいたします」と言いますが、

英語ではそのような表現はありません。

「よろしくお願いいたします」に一番近い表現は「It’s nice to meet you」など、

「お会いできて嬉しいです」といった表現になります。

「相手を何と呼べばよいですか?」と聞きたい場合は、

What should I call you? あなたのことは何と呼べばよいですか?

という表現が使えます。

 

スポンサーリンク

 

仕事の内容を伝える

・I sell~. 私は~を販売しています。

・I repair~. 私は~を修理しています。

・I’m in the sales department. 私は営業部で働いています。

ネイティブ相手に仕事の内容を伝えるときは、役職や部署ではなく、具体的にどんなことをしているのかを説明できると

より印象が良くなります。

企業名や役職名だけだと、「この人は自分の仕事について教えたくないのか」と感じるネイティブもいます。

自分の仕事内容は具体的に伝えられるようにしておきたいですね。

また、相手の仕事を聞く場合には

「What’s your job?」は使わない方が良いです。

このフレーズは「あなた仕事何?」というように初対面の人にとっては失礼な表現になります。

相手の仕事について知りたいときは、

「What do yo do?」というフレーズを使いましょう。

 

スポンサーリンク

 

別れ際のあいさつをする

・It’s nice to meet you. よろしくお願いいたします。

・See you again. ではまた。

・See you later. またあとで。

名刺交換の別れ際でも、「See you again」といった表現を使います。

少々フランクな表現にも感じますが、これがネイティブにとっては一般的です。

また名刺交換の前後には握手を求められることも多いので、がっちりと握手をするのが礼儀です。

あとは簡単な世間話ができればさらに相手との距離が縮まるでしょう。

スポンサーリンク

 

「よろしくお願いします」は英語で何て言う?知っていると役に立つ英会話フレーズ

丁寧に言ったつもりが失礼に聞こえてしまう3つの英語表現

ライザップイングリッシュの評判や口コミは?鍛えられる英語脳とは?

エイゴックス(eigox)の評判や口コミは?低料金とアピールしているけどけっこう高い?

エイゴルの長所と短所は?他のオンライン英会話とはどこが違う?