「よろしくお願いします」は英語で何て言う?知っていると役に立つ英会話フレーズ

「よろしくお願いします」は日本では頻繁に使われていますが、

いろいろな場面で使える非常に便利な言葉ですね。

しかし、初対面の人に使う「よろしくお願いします」と仕事をお願いするときに使う「よろしくお願いします」では、

微妙に意味合いが違うと思います。

そのため英語では、どんなときにも使える「よろしくお願いします」という表現はありません。

状況によって、「よろしくお願いします」に最も近い意味のフレーズを使わなければいけません。

特に英語には「よろしくお願いします」にピッタリ合う表現はないので、

基本的には「~を楽しみにしています」や「~してくれてありがとう」という表現を使います。

 

スポンサーリンク

 

シチュエーション別の「よろしくお願いします」

初対面の人にあいさつするときの「よろしくお願いします」=Nice to meet you.

Hello, I’m Tanaka from A corporation. Nice to meet you.

こんにちは、A商事の田中です。よろしくお願いします。

初対面の人にあいさつをするときは、「Nice to meet you.」をよく使います。

「Nice to meet you.」は「初めまして」と習ったと思いますが、

英語ではこの表現が「よろしくお願いします」という意味合いで使います。

 

これからよろしくお願いします、とあいさつをするとき=I’m looking forward to~

「I’m looking forward to~」は「~を楽しみにしています」という意味で、

一緒に仕事をするときなどに「よろしくお願いします」と伝えたいときに使うフレーズです。

I’m looking forward to working with you. あなたと働くのを楽しみにしています。

また、「I’ll do my best.」(全力を尽くします)というように、

自分の意気込みを伝えてても、英語では「よろしくお願いします」というニュアンスが含まれます。

 

仕事をお願いするときの「よろしくお願いします」=Thank you for~.

人に何かをお願いするときは、「~してくれてありがとう」という気持ちを伝えるのが一般的です。

「ありがとう」が英語では「よろしくお願いしす」というニュアンスで伝わります。

Thank you for helping me. 私を手伝ってくれてありがとう。

Thank a lot! 本当にありがとう!

スポンサーリンク

 

「お先に失礼します」とオフィスから帰るときに使う英語

ビズメイツ(Bizmates)のレベルは?初心者でも大丈夫なのか?

エイゴックス(eigox)の評判や口コミは?低料金とアピールしているけどけっこう高い?

ロゼッタストーン(英語)の評判や効果は?内容を簡単にまとめると