英会話が全くできない理由 リスニングはできるのにスピーキングで伸び悩むのはなぜ?

ある程度リスニングはできるのに、英語を話すことは全くできない、

そんな方って意外と多いと思います。

海外留学に行っても、相手の言っていることは大体理解できるようになりますが、

全然話せないという方は多いです。

英会話を習得する場合も、このスピーキングで挫折してしまう方が非常に多いんですね。

ではなぜリスニングはできるのに、話すことは全くできないのでしょうか。

今回は、英語が話せない理由や解決策についてまとめたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

英語が話せない理由はコレ!日本人の多くが伸び悩む原因

英語が全く話せない・実際の英会話になると全然できない人の多くに共通するのは、

「頭の中で英作文をしてから話そうとする」です。

例えば「この商品の説明をさせていただきます」と言いたい場合、

「説明するは何だっけ?explain?それともtell?」「させていただきますは・・・Could I~?それともLet me~?」

「これらをつなげると・・・」

こんなことを頭の中で考えていないでしょうか?

このように頭の中で英作文をしていると、時間がかかり、

会話がスムーズに進みません。

また文法や単語の間違いを気にしすぎると、

「間違っていたらどうしよう」という気持ちになり、話すことができなくなります。

ちなみに「この商品の説明をさせていただきます」は

様々な言い方がありますが「Let me explain this product?」が無難でしょう。

日本人が「英会話が全然できない」と悩む最大の原因は、

この「頭の中で英作文をしてしまう」ことです。

ではどうしたら、頭の中で英作文をせずに会話がスムーズにできるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

英語が全く話せない状況から脱却する方法

英語が全く話せない状況から脱却する一番手っ取り早い方法は、

よく使う英会話フレーズを覚えてしまうことです。

前述の「Let me explain this product?」で言えば、

「Let me introduce myself.=自己紹介をさせてください。」

「Let me ask a question=質問をさせてください。」など、

よく使いそうな英会話フレーズを丸ごと覚えておきます。

 

そうしたら「Let me~」の後ろの部分の単語を変えれば、

いろんな表現ができるようになります。

難しそうな作業に思えますが、頭の中で英作文をするよりも絶対に簡単です。

さらに、文を丸ごと覚えておけば文法の間違いなども気にしなくて良いので、

会話のスピードも上がります。

覚えたフレーズを瞬時に口に出すという練習は必要ですが、

慣れてくれば、頭で考えるよりも先に英語がパッと口から出てくるようになります。

いろんな英文を全て丸暗記をするのは大変なので、よく使いそうな表現だけでもすぐに話せるようにしておくと、

いざというときに役に立つことがあります。

あとは徹底的に、ネイティブスピーカーとの会話機会を増やすことです。

スピーキングで最も重要なのが、どれだけ話す練習ができるかどうかです。

とにかく数多く話していけば、そのうち英語に慣れてきて、

いろんな会話ができるようになります。

なのでスピーキングで伸び悩んでいる方は、参考書などで勉強するよりも、

とにかく話す練習をすることが一番効果的です。

そのときに利用できるのが、格安のオンライン英会話サービスです。

ネットを使って、空いている時間に外国人と会話の練習ができるので、

こういったサービスはぜひ利用したいですね。

費用はかかりますが、1・2か月集中して練習するだけでも、

見違えるほどスピーキング力が上達すると思います。

おすすめのオンライン英会話サービスについては、別の記事で紹介していますので、

よろしければそちらも参考にしてみて下さい。

格安オンライン英会話のおすすめサービスランキング 最新版

スポンサーリンク