英語のリスニング勉強法 「ディクテーション」のやり方や効果

この記事では、英語のリスニング練習として多くの人が実践している「ディクテーション」という勉強法のやり方や効果についてまとめています。

ディクテーションは、「シャドーイング」と同じようにリスニングやスピーキングの上達に効果があると言われています。

 

ディクテーションとは

ディクテーションとは、「聞いた英文をノートに書き写す」という勉強法です。

非常にシンプルなやり方ですね。

1文ずつ英語を聞いて、それをノートに書き写すだけです。

こうすることで、集中して英文を聞くことができるため「聞き流す」だけの勉強よりははるかに効果があります。

聞き取れなかったら必ずテキストで確認して、聞き取れなかった部分の発音や意味を覚えておきましょう。

 

何回か繰り返していくうちに、自分が苦手な発音など「弱点」が分かってきます。

それらを1つずつ改善していくことでリスニング力は向上していきます。

聞き取れたが単語のスペルが分からない場合は、間違えてもいいのでテキトーに書いておきましょう。

そしてテキストで確認をして正しいスペルも覚えておくとよいでしょう。

 

英会話の場合はスペルが正確に書けなくても問題ありませんが、

最低限単語の意味は確実に理解しておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

ディクテーションの効果

ディクテーションは「シャドーイング」と同じように、

リスニングやスピーキングに効果があります。

ディクテーションでは、

聞き取れなかった英文をテキストで確認することで自分の弱点が分かります。

意外と中学で習った単語ほど聞き取れないことがあるので、

正しい発音を理解することはリスニング上達には非常に効果的です。

なんといっても「自分の弱点を分析できる」、これがディクテーションの一番の効果です。

 

またディクテーションはシャドーイングと同じように、

何回も繰り返すことで英文を丸ごと覚えることができます。

英文を丸ごと覚えてしまえば、

英会話のときにも役立ちますのでスピーキング上達にも効果があります。

 

使用する教材は、シャドーイングと同じように、

基本的にはどんな教材でもOKです。

ただ、必ず音声CDとテキストがセットになった教材を選んでください。

必ず答えを確認することが重要なので。

また知らない単語ばかりだと挫折してしまいますので、

テキストにのっている単語が7割ぐらいは分かるような教材を選ぶとよいでしょう。

最初は中学生用の教材でもかまいません。

実際にビジネスや海外旅行で英会話をすることが目標なら、

それらの場面でよく使うフレーズがのっている教材を選ぶと、より効率的に勉強ができると思います。

高額英会話教材はいらない!最安で確実に英会話を習得するための勉強法

リスニングを上達させたいなら絶対コレ!スタディサプリENGLISHの「日常英会話コース」

 

スポンサーリンク