英会話に必要な単語数は?中学レベルの語彙で本当に大丈夫なのか?

これから英会話を学ぼうとしている社会人の方は、

単語をいくつ覚えればよいのか気になる方も多いと思います。

この記事では、英会話に必要な単語数や

少ない単語数で英会話を上達させるコツ、

そして英単語を勉強するときのポイントなどについてまとめています。

 

スポンサーリンク

 

英会話に必要な単語数は500語?

まず、英会話に必要とされている単語数ですが、

これは人によって意見が異なります。

一般的には1000~5000語程度の単語力があれば、

日常会話やビジネスでも英語を話すことができると言われています。

中には500語で十分という専門家もいます。

日常英会話であれば中学レベルの単語で十分、

というよりもほとんどの会話は中学で習った単語でできてしまいます。

中学生で覚えるべき単語数が1200語なので、

ほぼ中学レベルの単語数で英会話ができる、

というのが一般的な見解です。

英会話で単語は覚える必要があるのか?最低限の単語とは?

 

本当にそれだけでいいの?と思うかもしれませんが、

私が実際にネイティブスピーカーと会話をするときも、

ほとんど中学校で習った単語しか使っていないです。

TOEIC対策で覚えた難しい英単語はほぼ使いません。

大切なのは、自分が知っている単語をどう組み合わせて会話をするかです。

ビジネスで英会話を使いたい場合は、

中学レベルの単語に加えて、TOEICなどにも出てくるようなビジネス単語も覚えなければいけません。

しかし、仕事で使う単語であれば毎日のように見聞きする単語だと思うので、

無理に覚えようとしなくても自然と覚えられる(身につく)と思います。

 

スポンサーリンク

 

少ない語彙で英会話を上達させるコツ

中学レベルの少ない単語数でどのように英会話をするのか。

少ない単語数で英会話を上達させるコツは、

知っている単語で言いかえることです。

例えば「定期券」。

これを英語でキレイに言おうとすると、「a commuter ticket」となります。

しかし、「commuter」という単語は中学では習いませんし、

TOEIC対策の教材でものっている教材は少ないでしょう。

そんなときは「3ヶ月券」=「a three months ticket」というように

言いかえてしまえばいいのです。

 

だいたいのものは中学レベルの単語で言いかえることが可能です。

日本の英語学習者は1つの表現に対して、

「こう言いたいときはこのフレーズを使う」という、

完璧な表現を求めがちです。

 

いろんな単語を知っていれば、英語で表現できる幅が広がるかもしれませんが、

完璧な表現を覚えようとすると

必要な単語を覚えるのに時間がかかりますし、

応用できないというデメリットもあります。

 

スポンサーリンク

 

語彙を増やすときのコツ

英語の単語を覚えるときは、

中学レベルの単語集を使ってひたすら丸暗記するという勉強法をしている方も多いと思います。

中学レベルの単語数であれば、

気合いでなんとか覚えられるとは思いますが、

単語だけ覚えてもなかなか実践で応用するのは難しいです。

単語を覚える目的は、あくまで英会話ができるようにするためなので、

必ず実際の英会話を想定しながら覚えた方が良いです。

そのために、単語だけではなく必ずその単語を使ったフレーズを覚えるべきです。

例えば「worry(心配する)」という単語を覚える場合、

これだけで使う場面はないでしょう。

必ず「Don’t worry about it.(心配しないで)」や

「I worry about the future.(将来が心配です)」といったフレーズで使うと思います。

ほとんど単語帳には例文がのっているので、

そこをしっかり見て、自分だったらどういった場面でどんな人に向けて使うのかを想定しながら単語(フレーズ)を覚えると、

いざ実際の英会話になったときにも、会話がスムーズにしやすくなります。

 

そして単語の暗記・英会話の上達に最も重要なのが「アウトプット」です。

単語を覚える(インプット)だけでは、絶対に使いこなすことはできないので、

覚えた単語(フレーズ)は積極的に使う練習をしてください。

一人で場面をイメージしながら、独り言のようにつぶやいて練習するのも大事です。

あくまで実際の英会話を想定しながら単語を覚えてみてください。

スポンサーリンク

 

スピーキングパワーの評判や口コミは?社会人向け英会話教材

ロゼッタストーン(英語)の評判や効果は?内容を簡単にまとめると