英語を聞くだけで本当に上達するのか?効果は全くなし?

有名な英語教材の中には、

「聞くだけで英語がぺらぺらになる」というキャッチフレーズを使って

宣伝しているものもあります。

しかし、本当に聞くだけで英語が話せるようになるのでしょうか?

今回は、そんな「聞くだけ」の英語教材の効果についてまとめてみたいと思います。

 

まず最初に結論から言うと、

英語を聞くだけでは、絶対に英語を話せるようにはなりません!

ほとんど効果なしです!

 

本当に聞いているだけで英語ができるようになったら、

今ごろ日本は英語ぺらぺらな人ばかりです。

学校の授業でも、英語の音声を流しているだけで成立してしまいます。

では、なぜ英語を聞くだけでは効果がないのか、

その理由について説明したいと思います。

スポンサーリンク

 

英語と日本語の周波数は異なる

まず第一に、

英語と日本語では音の周波数が異なります。

そのため、英語の周波数が聞こえる、いわゆる「英語耳」にするには、

ただ聞いているだけではダメなのです。

聞こえた英語をそのままマネしてみたり、英語の正しい発音から学んだりしながら

英語耳は作られていきます。

そのため、英語を聞くだけでリスニングが上達する人は、

よほど耳が良い人か、幼い頃から英語の音声に触れていた人だけです。

ほとんどの人は、英語を聞いているだけでは、

「なんとなく英語が聞きやすくなった」程度で、

実際の英会話の場ではほとんど聞き取れません。

じゃあどうすれば良いの?って思いますが、リスニングはちゃんと効果のある勉強法を実践するべきです。

多くの専門家が「効果あり」と推奨しているのが、

「シャドーイング」と「ディクテーション」という勉強法です。

詳しくは別の記事で解説していますので、よろしければそちらを参考にしてみて下さい。

リスニングの勉強法 もう悩まない!初心者でもできる簡単3ステップ!

 

スポンサーリンク

 

英語リスニングのコツ 聞き取れない文は必ず確認!

また、第二の理由として、

「意味の分からない文や単語は聞き取ることができない」ことが挙げられます。

日本人は、知らない英単語や文章を聞くと、

自分が知っている単語やカタカナに置き換えようとします。

これはリスニングが苦手な人がよくやる失敗です。

英語の音声CDを聞きながらリスニング力を鍛える方が多いと思いますが、

もし聞き取れない文や分からない単語が出てきたら、

必ず台本やテキストで確認をしてください。

そうすることで、英語の正しい発音がだんだんと身についていき、

リスニング力も上がっていきます。

以上のことから、

「聞くだけで」「聞き流すだけ」というような英語教材には

手を出さない方が良いでしょう。

私も、1年ぐらい「聞くだけ」の勉強法をしていましたが、

全く効果がありませんでした。

 

スポンサーリンク

 

スピードラーニングは効果なしか?費用のわりには期待できない!?

ネイティブイングリッシュの口コミや評判 聞き流すだけで上達するのか?

Hapa(ハパ)英会話の評判は?「30日後には英語を話せる」の真実

社会人の英語学習には映画がオススメ!数百円で買える最高の教材!

1000時間ヒアリングマラソンの口コミや効果は?上級者向け?