シニア世代から始める英会話 英語を話せるようになるには?

この記事ではシニア世代(60歳以上)の方にオススメな英会話勉強法をご紹介しています。

そして今回ご説明するのは、ビジネスで使う英会話ではなく、

海外旅行や趣味で英語を話せるようになるための勉強法です。

時間やお金に余裕が出てきて、英会話や海外旅行に挑戦しようとしているシニア世代の方に参考にしていただけると幸いです。

 

スポンサーリンク

 

シニア世代の具体的な英会話勉強法 

シニア世代(60歳以上)の方が英会話に習得するときも、他の世代と同じように、

「よく使う英会話フレーズを覚える」ことが一番効果的でオススメです。

 

勉強法はとてもシンプルで、

「よく使う英会話フレーズを覚えて、それが使える場面でポンポン口に出せるようにする」

という方法です。

英会話を効率的に上達させるには、この練習はどの世代でも必ず必要になります。

 

また、この勉強法だったらややこしい文法を勉強する必要はありませんし(そもそも英会話の上達には英文法は必要ありません)、

単語もよく使うフレーズに含まれている単語を覚えるだけで十分です。

 

なので使用する教材は、海外旅行や日常生活でよく使う英会話フレーズがたくさんのっている教材を選んでください。

当ブログでオススメしているのはコチラの教材です。

 

・海外旅行に行きたい人にオススメ「Hapa英会話」

Hapa英会話 公式ホームページ

 

・日常生活で基本的な英会話ができるようにしたい人にオススメ「7+English」

7+English 公式ホームページ

 

しかし、年を重ねるごとにある程度の「記憶力低下」は避けられません。

それをしっかりと補うような工夫が必要になります。

 

スポンサーリンク

 

記憶力低下を補う工夫

「覚えたことをすぐに忘れてしまう」のを防ぐにはなんといっても「復習」が大事です。

そして復習のやり方もポイントです。

多くの人は、1度習ったことを1回ぐらいしか復習していません。

1回復習したぐらいでは、ほとんどのことをまたすぐに忘れてしまいます。

 

ではどうしたらよいか。

それは「1回だけでなく最低3回は復習すること」です

 

例えば今日英会話フレーズを3個覚えたとしたら、明日・2日後・1週間後といった感じで、

最低3回は復習してください。

1週間に最低3回、忘れてきたころに復習するのがポイントです。

勉強するときは

①まずこれまでの復習をする

②復習が終わったら新しいことを勉強する

この繰り返しが最も効果的に覚えていくことができます。何回も復習していけば、かなり忘れにくくなります。

 

また頭だけでなく全身を使って英文を覚えていくことも効果的です。

例えば英文を覚えたら、

・CDで何度も聞く。

・ノートに書く。

・相手をイメージして口に出してみる。

・実際に使ってみる。

という感じで、聞いたり喋ったりすることでさらに記憶力は高まります。頭だけで暗記することに頼らずに、いろいろな方法で暗記をしていきましょう。

 

スポンサーリンク