大学入試が変わる!2020年からは英語が話せないとダメになる!?

大学入試制度が2020年から大幅に変更になることをご存知でしょうか?

2020年というと、

2017年4月に中学3年生になる子が、大学受験をする年です。

特に、英語は今までの大学入試から大きな変更点があります。

この記事では、2020年から大学入試がどう変わるのか、

特に英語はどのような技能が必要になるのかをまとめていきます。

 

大学入試はどう変わる?

ポイントは2つあります。

Point1. センター試験が廃止され「大学入学希望者学力評価テスト(仮)」が実施される

簡単に言うと、これまでの暗記中心のテストから、暗記したものをどう応用するか、

「思考力・判断力・表現力」を問う問題が中心になります。

 

Point2. 「高等学校基礎学力テスト」が新しく導入される

このテストは2019年から試験的にスタートします。

実施科目や学年などは高校側が決めることができ、基礎の定着度の確認など、高校の授業で役立てることが求められています。

将来的には大学入試においても判断材料の1つとなることが想定されています。

2022年までは、大学入試の判断材料には利用しないことが明言されているので、

コチラはまだあまり気にしなくてもよいかもしれません。

 

気をつけるべき変更点はPoint.1の内容で、

これまでの知識を問う問題から、それを応用した問題が中心になることです。

これまでのテストよりも対策がしづらいことが予想されます。

また、大学ごとの個別入試でも、

面接や小論文、高校での学習の様子などをもとに、

今までよりも多面的な評価がされることが求められてきます。

 

ただ、2020年からスタートするとは言え、

まだまだ完全実施をすることは難しいと思います。

問題は2017年4月の時点で小学生の子たちです。

おそらく低学年の子が大学受験をするころには、

今とはかなり違った大学入試になっていると思います。

 

スポンサーリンク

 

大学入試の変更によって、英語が話せないとダメになる!?

2020年からの大学入試では、

前述のように、知識中心の問題から、それを応用するような問題中心へと変わります。

特に英語では、

「話す」「聞く」などのコミュニケーション能力が求められます。

だから英会話ができるかがめちゃくちゃ重要になります!

 

現在のセンター試験では、文法や長文などの知識が重要になりますが、

2020年からは、

英語の面接の実施も検討されています。

そのため、いくら知識があっても、

英語を話す・聞くことができなければ非常に不利になるかもしれません。

 

まだ、詳しいことは確定していませんので、

2020年から本当に英語の面接が実施されるかは分かりませんが、

この先、「大学入試で絶対に英会話が必要になる」ということは断言できそうです。

 

というのも、日本の政府は、

とにかく世界で通用する人材を育てたがっています。

しかし、今の日本の学校教育では、

文法や長文問題はできるけど、英会話が全くできない、

という大きな問題点があります。

 

今後、政府主導でどんどんコミュニケーション重視の英語教育が実施されていくと思うので、

幼い頃から英語を始める方が急増すると思います。

スピークナチュラルの評判や口コミは?小中学生におすすめな理由とは?

社会人で英語をマスターするとどうなる??できないと数年後がやばい!?

英語と年収の関係 TOEIC高得点者の約半数が1000万超え!?

スポンサーリンク