教員採用試験の集団面接は目立ちすぎてもよくない!?

教員採用試験の集団面接は、

個人面接と違って、自分から発言する積極性が必要になります。

他の受験者よりもアピールをして目立つことは大事かもしれませんが、

目立ちすぎても逆効果です。

この記事では、

教員採用試験の集団面接で気をつけたいポイントを紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

 

教員採用試験の集団面接では、

自分から発言する積極性は求められますが、

それよりも

「協調性」が大事です。

教師として学校で働く場合でも、積極性よりも協調性が大事になります。

 

個人のアピールは、個人面接で十分に見られているので、

集団面接では特に協調性を意識して臨みましょう。

簡単に言うと、「空気を読む」ということです。

 

なので、

「自分の意見を一方的に発言する」

「他の受験者の意見を否定する」

「テーマとは違う話をする」

といった自分勝手な言動は絶対にしないようにしましょう。

いくら目立っても、マイナス評価にしかなりません。

 

スポンサーリンク

 

集団面接になると、

テーマが与えられて、「あとは受験者のみなさんで自由に発言してください」

という状況があります。

そんなときは、誰かがリーダーシップをとってグループをまとめなければいけませんが、

リーダー的存在にならなければ合格できない、というわけではありません。

うまくまとめ上げれば、他の受験者よりも合格の可能性は高くなるかもしれませんが、

そういったことが苦手な人は無理にする必要はありません。

私もリーダー的な存在は他の人に任せました。

 

その代わり、

発言を求められたときはしっかりと発言をする、

リーダー的存在の人をサポートする、

そういった姿勢で十分だと思います。

 

 

テーマに沿って話していくと、誰かと意見が被るかもしれませんが、

そんなときは

「〇〇さんと同じ意見で~」と一言付け加えましょう。

他の人の意見も聞いています、というアピールになるので、

それだけでも印象はよくなります。

その上で、集団面接の中で1回でいいから自分から積極的に発言ができたらよいと思います。

積極性をアピールするのは1回だけで十分です。

それ以外は、グループの和をみださないよう、

協調性を意識して臨むとよいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

教員採用試験の難易度は?合格と不合格を経験した元高校教師の感想