「How are you?」は使わない!最初のあいさつはどうする?

学校で毎回のように使っていた「How are you?」「I’m fine, thank you.」というやりとり。

ネイティブスピーカーとの会話ではほとんど使いません。

では相手に「調子はどう?」と

気軽に話しかけたいときには、

どのようなフレーズを使えばいいのでしょうか。

 

まず「How are you?」ですが、これ自体はけっこう使います。

でも「調子はどう?」というよりも「Hello=やあ」というニュアンスで使います。

なので、

自分「Hi! How are you?=やあ」

相手「Hi! How are you doing?=やあ、元気?」

というように、逆に質問をされることが多いです。

 

そしたら

「Pretty good.=元気だよ」とか

「Not too bad.=ぼちぼちかな」と答えると会話がナチュラルです。

 

スポンサーリンク

 

また「元気?」と聞くときは

「Hi! How are you doing?」

「How’s everything?」

といった表現をよく使います。

 

なので誰かに「How are you?」と言われたら

「Hi! How are you doing?」や

「How’s everything?」

を使って答えるのがいいでしょう。

 

また、「元気だよ」と答えるときは、

私は「Pretty good」なんかを愛用していますが、

これは人によって答え方がバラバラです。

自分がいいやすい表現ならなんでもOKという感じです。

 

ただ、「元気だよ」を「It’s OK.」と言うのは避けましょう。

「It’s OK」は全然大丈夫じゃない!使わない方がいい理由とは?

 

スポンサーリンク

 

一応、私がよく使っている会話の例をあげておきます。

ビジネスなどのフォーマルな場面でも使えますよ♪

仮に私の名前を「太郎」、相手の名前を「Mike」としましょう。

自分「Hi!Mike. How are you?」

相手「Hey Taro. How are you doing?」

自分「Pretty good. How about you?」

相手「Not too bad.」

という感じです。

あいさつの仕方はいろんなパターンがあって、

「これが正解」というものはないので、

周りのネイティブスピーカーのマネをするのが一番いいかもしれません。

 

スポンサーリンク