日本人に多い英会話勉強法の落とし穴!コレをやらない人は上達しない!

日本の学校教育では、英単語や英文法などの知識を詰め込み、

それらを使って英文を日本語に訳すような授業が中心でした。

そのため日本人に多いのは、

「英語を読むことはできるけど、話したり書いたりすることは苦手」という人です。

学校で英語を話したり、書いたりする授業はほとんどなかったので当たり前と言えば当たり前かもしれません。

私もそのようなタイプで、外国人とコミュニケーションをとるような機会なんてほとんどなかったので、

中学校・高校と6年間英語を勉強しても簡単な英会話すらできませんでした。

そして大学に進学してからいざ英会話を習得しようとしても、

勉強の仕方が分からないのでとりあえず大学受験の延長のような感覚で勉強を始めました。

文法を復習する、単語を覚える、英文をひたすら聞く、などなど、

今思えばかなり効率の悪い勉強法をしていたなと思います。

しかし、現在英会話の勉強をしている方の中にも、

・文法をじっくり勉強している

・大量の英語を聞き流している

・難しい単語をたくさん暗記しようとしている

こんな勉強法で頑張っている方がいるのではないでしょうか。

TOEICや英検などのテストで高得点を取りたいのなら必要ですが、

これらの勉強だけでは英会話の上達には不十分です。

もっと英会話の上達にはもっと大切なことがあります。

 

スポンサーリンク

 

英会話の勉強で最も大事なことはアウトプット!

英会話の上達に最も大切なことはとにかくアウトプットをすることです。

英語を口に出したり、書いてみたり、とにかく使うことが重要です。

日本人の特徴として、多くの方がインプット重視の勉強をしてしまいます。

単語を暗記したり、文法を理解したり、これらも大切なことですが、

いくら頭にインプットしても、使わなければ英会話は上達しません。

単語や新しい表現を覚えたら、すぐに誰かに対して使ってみる、

英語の練習相手がいなかったら、一人で相手やシチュエーションを想像して口に出してみるのも良いです。

とにかく使う、口に出すことが大切です。

また、リスニングの練習でも同様です。

ただ聞いているだけよりも、聞こえた英文をそのままマネして口に出してみると、より効果があります。

最初は難しいかもしれませんが、徐々に英語の発音に慣れてきて、リスニングの上達が早くなると思います。

リスニングの勉強法 もう悩まない!初心者でもできる簡単3ステップ!

 

スポンサーリンク

 

英文法の勉強は最小現に!

最後に、日本特有のインプット型の勉強法に慣れてしまっている人は、

英文法の勉強は必要最低限にすると良いと思います。

学生時代のように英文法をみっちり勉強してしまうと、

会話のときに「文法ミスがないか」ということばかり気になって、なかなか上達しません。

私も経験がありますが、頭の中で英文を組み立ててから話そうとすると、

間違いが気になったり、時間がかかりすぎたりして、

思うように会話が上達しませんでした。

すでに英文法がしっかり理解できている方は要注意ですね。

これから勉強を始める方は、中学校の英文をひととおり復習するぐらいで良いと思います。

英会話の練習をするときは、英文を1から作るのではなく、

できるだけフレーズを丸ごと覚えてそのまま口にだすぐらいの感覚で練習すると、

スムーズに会話ができるようになっていきます。

スポンサーリンク

 

社会人が英会話を勉強するとき、文法は不要か?文法を勉強する理由と効果

英語のスピーキングが実際にできるようになった3つの上達法