英会話習得に重要なアウトプット 一人でもできるアウトプット練習法

英会話の習得に最も重要だと言われているアウトプット。

これまでの英語教育によって、文法や単語の暗記などのインプットは得意な方が多いですが、

アウトプットが苦手な方は非常に多いです。

また英会話を習得するときも、これまでのクセで単語や文法を覚えることばかりに時間を使ってしまう方も多いです。

しかし、インプットだけでは英会話は絶対にできるようになりません。

極端なことを言うと、アウトプットをどれだけできるかによって上達具合が大きく変わります。

今回は、そんなアウトプットを一人で練習するにはどのような方法があるのかをまとめてみます。

 

スポンサーリンク

 

一人芝居でシュミレーション

一番気軽にできるのは、一人芝居をしながらシュミレーションすることです。

特に覚えたばかりの単語やフレーズは絶対にシュミレーションをして、

いつ・どんなときに・どんな相手に使うのかを想定しながら練習すると、

いざ実際に英会話をすることがあっても対応ができます。

自分で相手や状況をイメージしながら、口に出すだけでも効果があります。

一人でなら何度でも練習できますし、じっくり考えながら会話の練習ができます。

また単語を覚えるときは、その単語を使った例文ごと覚えるようにするとさらに効果的です。

 

スポンサーリンク

 

英語を聞きながらシャドーイング

リスニング練習のときでもアウトプットは重要です。

特に有名なリスニング練習法として、「シャドーイング」というやり方があります。

「シャドー=影」ということで、聞き取った英文をすぐにそのままマネして発音するという勉強法です。

勉強方法は英語の音声を聞こえたままマネするだけなので、非常にシンプルです。

最初は聞こえた英文をマネするだけでも難しいと思いますが、

段々と英語特有の発音やイントネーションが身についていき、

英語が聞き取れる耳に変わっていきます。

ただ英語を聞いているよりも、声に出しながら練習(アウトプット)することによって、

リスニングの上達が早まります。実際にリスニングを上達させるために実践していたという方が非常に多いです。

 

オンライン英会話を利用する

最後に、より本番に近い形でアウトプットをしたいのであれば、

思い切って英会話教室やオンライン英会話を利用するのも良いと思います。

全く話せない状態から始めてしまうと、お金の無駄になってしまうかもしれませんが、

ある程度話せるようになったかなと思ったら、どんどん実戦練習をするべきです。

英会話教室やオンライン英会話であれば、英語が苦手な生徒になれている講師ばかりなので、

ミスを恐れずに練習がしやすいかなと思います。

さらに講師に間違いを指摘してもらったり、有益なアドバイスをもらうこともできます。

ただ英会話教室やオンライン英会話は費用がかかることなので、

「3ヶ月間だけ実戦練習に集中する」などと期間を決めて、一気に会話力を上達させてみてはいかがでしょうか。

格安オンライン英会話のおすすめサービスランキング 最新版

 

スポンサーリンク

エイゴルの長所と短所は?他のオンライン英会話とはどこが違う?

エイゴックス(eigox)の評判や口コミは?低料金とアピールしているけどけっこう高い?