パルキッズのプリスクーラー 自分の子どもにだったらこう使う!

幼児向けの英語教材として非常に人気のあるパルキッズのプリスクーラー。

今回はそんなパルキッズのプリスクーラーを、

「自分の子どもにだったらこう使う」という考えも含めて、幼児の英語教育についてまとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

3歳までに英語耳を育てる(パルキッズをかけ流す)

幼児期の英語教育で最も重要なことは「英語耳」を育てることです。

英語を聞き取ることができる耳を育てるということですね。

実は日本語と英語では聞こえる音の周波数が違い(英語の方が周波数が高い)、

成長すればするほど、英語の周波数が聞き取れなくなっていきます。

そのため、大人になってから英語を勉強し始めると、多くの人が英語が聞き取れずにつまづいてしまいます。

 

英語を聞き取る耳というのは、0歳から3歳までの間が最も鍛えられます。

いわゆるゴールデンエイジですね。

3歳を過ぎると徐々に英語の周波数が聞き取りづらくなっていき、12歳までにはほぼ成長しきってしまいます。

そこからリスニングの練習をするのは至難の業で、何千時間と英語を聞き流しても英語を聞き取れない人もいます。

もちろん、12歳からでもリスニングのコツをおさえて練習すれば英語を聞き取れるようにはなりますが、

時間と労力が非常にかかります。

 

なので3歳までの間にそれだけ英語の音に触れさせるかが大事になります。

やり方は非常にシンプルで、英語の音声を聞かせるだけです。

パルキッズのプリスクーラーだったら、CDをかけ流すだけですね。

パルキッズの説明にもあるように、食事中などのBGMとして小さめのボリュームで流しておくだけです。

子どもが意識して英語を聞くことはないかもしれませんが、自然と英語が耳に入り、

英語にしかない周波数や音を聞き取れるようになっていくと思います。

 

ということで幼児期の英語教育、特に0歳~3歳までの間は、とにかく英語を聞かせて英語耳を鍛える、

これは自分の子どもにも絶対にやらせたいことですね。

 

スポンサーリンク

 

小学生になるまでは単語や文法は覚えさせない

幼い頃から英単語や文法などを勉強して、小学校低学年で英検3級(中学卒業程度)を取得してしまう子もいますが、

個人的には、幼児期からの知識の詰め込みはしない方が良いと思っています。

特に英語ならなおさらです。

幼児期は、日本語もまだ十分に習得できていない時期です。

このときに、日本語に加えて英語も勉強してしまうと、

2つの言語が脳内でごちゃごちゃになってしまって、日本語も英語も中途半端になってしまう可能性があります。

よく幼いころから英語を学ばせるバイリンガル教育をする家庭もありますが、

中には「日本語も片言になってしまった」という失敗例もけっこうあります。

うまくいけば、幼いころから英語がペラペラになる可能性もありますが、

個人的には日本語が中途半端になってしまうリスクの方が怖いです。

正直、英語が聞き取れる英語耳さえ育っていれば、

大人になってから勉強を始めても比較的簡単に英会話はできるようになります。

 

そのため、少なくとも子どもが小学生になるまでは日本語をしっかり学ばせる、

いろんな体験をさせて思考力を鍛える、といった教育に集中した方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

小学生になったら本格的に英語を学ばせる

小学生になると、日本語も十分に習得できてきて、

論理的な思考力も成長していきます。

そうなったら、英語を勉強させても日本語とごちゃごちゃになるリスクはなくなるでしょう。

小学校1,2年生のときから英単語を覚えさせたり、英会話教室に通うことも良いと思いますが、

小学1,2年生のころはまだ小学校の漢字や計算、文章問題などに集中させても良いと思います。

そして遊ばせることも大事です。子どもの脳は好きなことをしているときに最も活発に働きますので、

ものすごく脳が鍛えられます。そうすると勉強にも好影響です。

何歳から英語を本格的に勉強し始めるかは子どもの成長具合によると思いますが、

早ければ小学1,2年、遅くとも小学3年生ぐらいには英語を始めると良いかなと思います。

パルキッズのプリスクーラーを使うのでしたら、CDのかけ流しに加えて、

プリントやオンラインレッスンも行うと、将来非常に役に立つのではないかと思います。

2020年からは大学入試で英語の面接が始まるなんて噂もありますし、

今後英語の重要性はますます高まっていくでしょう。

 

最後に大事なことをまとめておくと、

英単語や文法は何歳からでも習得することができます。

しかし、英語を聞き取るための「英語耳」は0歳~3歳

最大でも12歳ぐらいまでに決まってしまうので、とにかく英語を聞かせることが重要になります。

 

スポンサーリンク

 

七田式パルキッズの口コミや評判は?幼児への効果は?

子どもの学力は親の遺伝か?勉強よりも大切な幼児教育とは?

早期教育のデメリット!これだけは気をつけたい3つのポイント!