教師は本当に激務か?

元高校教師のリアルな体験談です。

教師は激務かと聞かれたら、間違いなく激務であると思います。

これまで塾講師や民間企業への転職を経験してきましたが、

間違いなく教師が一番大変でした。

 

スポンサーリンク

 

実際に教師として働いていたときの1日のスケジュールを紹介させていただくと、

6:45 起床

7:45 学校到着

8:00 登校指導

8:30 ホームルーム

8:45~15:30 授業(授業は1日に3、4コマあります)

放課後~20:00 部活動

20:00~ 授業準備、事務仕事など

23:00 帰宅

24:00 就寝

 

授業がある日はだいたいこんな感じの1日でした。

まずは拘束時間が長いです。放課後は部活動があるので、それだけで20時ぐらいまでは学校にいなくてはいけません。

中学校だともう少し時間は短いと思います。

また部活動によっても終了時間が違います。

私はバスケ部の顧問でしたが、野球部の顧問はもっと遅くまで部活をしていました。

 

本当は部活の時間に、他の仕事をしたかったですが、部活に行かずに職員室にいると

白い目で見られるのでできませんでした。

授業がない時間帯は、基本的には細かな事務仕事や分掌(生徒課・進路課など)の仕事をしていました。

 

部活動が終わると、そこから次の日の授業準備や、

残っている仕事を片付けます。

特に新人のころは、授業準備に時間がかかったり、

研修のレポートなどを常にかかえていたので、

もっと遅くまで学校にいることもありました。

20代・30代の先生は、早くても20~21時ぐらいに帰る人がほとんどでした。

21時に帰れたら「今日は早く終わったな」という感覚です。

 

睡眠時間はわりと確保できていましたが、家に帰ってゆっくりする時間はほとんどありませんでした。

これで残業代が出ればまだ頑張れますが、教師には残業代はほとんどありません。

教師の残業代はいくら?月100時間の残業をすると・・・

 

スポンサーリンク

 

プライベートの時間はどれぐらいあるのか?

授業がある日は基本的には、家に帰って寝るだけです。

年齢が上がってくると、

授業準備の時間が減ったり、部活動の顧問から外されたりして、

帰宅時間も早くなります。

民間企業の場合は、年齢が上がっても激務だと思うので、そこは教師の方が良いかもしれません。

 

ただ若いうちはほとんどプライベートな時間がありません。

土日も基本的には部活なので、あまりゆっくりはできません。

私が顧問をしていたバスケ部は、土日両方とも午前中のみだったので、

午後はゆっくりできましたが、

野球や吹奏楽などは練習時間も長いので、その分先生も大変ですね。

 

ただ、教師は激務といっても、

1年中大変だということはありません。時期によってはめちゃくちゃラクな時期もあります。

例えば夏休みなんかは、授業もないですし、休みもしっかり取れるので、

ほぼ毎日定時に帰ったり、旅行に行ったりすることもできます。

教師は夏休みに何をしているのか?これから教師を目指す人必見!

教師の年収はいくら?初任給や将来的な月給についても解説

教師の有給休暇はいつ使えるのか?元高校教師の体験談