教師から転職するときに利用したい転職エージェント3選!情報収集で失敗しないために!

現在教師として働いている方の中には、教師を辞めて別の仕事に就きたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

最近では教師のブラック化が顕著になり、離職率も高い職種になっています。

実際に私も4年間、高校教師として働いた後に予備校に転職し、その後も民間企業に転職した経験があります。

今の企業では、土日もしっかりと休みがあり、やりがいも感じていますので、

転職は成功したと思っています。

しかし、そこに至るまでには入念に情報収集をしました。

入社してから「思っていたのと違った」ということができるだけないように、

いろんな手段を使って情報収集を行いました。

そのときに利用した1つが「転職エージェント」です。

「転職エージェント」とは、

転職を希望する人向けに、

・自分に合った求人を探してくれる

・企業との面接をセッティングしてくれる

・履歴書の添削や面接練習をしてくれる

・非公開求人を紹介してもらえる

・給料などの条件面を企業と交渉してくれる

などなど、非常に幅広いサポートしてくれるサービス(会社)です。

 

転職エージェント側は採用企業から報酬を受け取ているため、転職者自身は無料で利用できます。

現在は100社以上の転職エージェントが存在しますが、

転職をするときは、最低でも3社以上の転職エージェントに登録をして転職活動を進めるのが一般的になっています。

こういったサービスを利用せずに、自分だけで転職活動を進めてしまうのは非常に危険です。

一人でできる情報収集には限界がありますし、自分が知らないことがたくさんあります。

転職してから公開しないためにも、

今回は教師から転職をするときに利用したい転職エージェントを3社ご紹介したいと思います。

 

1位 JAC Recruitment

JAC Recruitmentは、東証一部上場の大手企業で、事業内容は転職エージェントのみに特化しています。

高収入・ハイキャリアの転職に定評があり、

英語力を活かした求人や、大企業の求人も多数保有しています。

スタッフの対応やコンサルの内容も良いと評判の転職エージェントです。

元教師という肩書を最大限に利用するなら、ぜひ登録しておきたい転職エージェントです。

JAC Recruitment 公式HP

 

2位 リクルートエージェント

転職エージェントの中では、国内最大手と言われる転職エージェントです。

扱っている求人数も業界最多で職種も幅広いので、転職活動の際はまず登録しておきたいサービスです。

まだどの業種に転職するか決まっていない方も、いろいろな業種の情報を得て判断するとよいと思います。

業界最大手ということもあり、情報力に優れ、強気な交渉もしてくれると評判です。

 

3位 DODA

こちらも転職エージェントの大手企業で、求人の質に定評があります。

フリーターや職歴に自信がない方にはあまりオススメできませんが、

元教師の方には利用していただきたいエージェントです。

迅速な対応や、面接練習・職務経歴書のチェックなどのノウハウも優れていて、

実践的なテクニックを身につけたい方にもオススメです。

 

スポンサーリンク