教師の飛び降りろ発言は偏向報道だった?真実が全く異なる

2017年7月、埼玉県所沢市の山口小学校で、40代の男性教諭が小4児童に対して「窓から飛び降りろ」と発言したと報道されていました。

また教師の不祥事かと思いきや、「真実は異なる」とさらなる波紋が広がっています。

 

スポンサーリンク

 

男児は問題児だった!?

報道されている内容

・7月12日、山口小学校の男性教諭(40代)が、小4男児に対して「窓から飛び降りろ」と発言。

・さらに「このクラスは34人だったが明日からは33人でやっていこう」と発言。

・男児の背中を蹴っていた

これだけ見ると、教師が一方的に男児を追い詰めるような言動をしていると感じます。

世間では「クソ教師」「あり得ない」と、教師・学校が批判を浴びていました。

 

しかし!

その後、被害者とされている男児と同じクラスの子や保護者からは、

「事実は違う」と主張する声が相次いでいます。

ある生徒の保護者からは↓

他にも↓

 

こういった証言をまとめてみると、

・男児が新聞を破った(必要な新聞だったのか?)

・男児が〇組の〇〇にやれと言われたと説明(この証言は嘘だったみたい)

・教師が「やれと言われたら何でもやるのか?飛び降りろと言われたらやるのか?やらないだろ?やってもいけないことを、やれと言われてもやらないんだろ」と発言

・さらに教師は「お友達の物を取らない、それをやめないとクラスの一員になれません。直るまで33人でやっていきます。きちんと直してから、戻ってきてください」と発言

 

これがどうなったら「窓から飛び降りろ」という報道になるのでしょうか。

さらには、

・男児はもともと学校では有名な問題児だった

・母親は金髪、バツ2のシングルマザーで、学校では名の知れたモンスターペアレントだった

・母親が無関係のヤンキー男3人と学校に乗り込んだ

・学校側が一連の発言を認め、謝罪。それを母親がボイスレコーダーで録音し、マスコミにリーク。

・該当教師を助けるため、一部の保護者や卒業生が署名活動をしている(1万人以上の署名が集まっている模様)

・教師の暴力はなかったと、多くの児童が発言している

 

こういった教師を擁護する発言も、どこまで真実かは分からないですが、

一連の流れを見ると、マスコミの報道・被害者とされる男児&母親に問題があったと言わざるを得ません。

 

もし、こういったマスコミの報道とは異なる証言が本当だとしたら、

男性教諭は、正しい指導を行ったと言えるでしょう。

 

保護者や卒業生が署名活動を行っているということからも、

男性教師が良い先生だったことが伝わります。

 

もしこの一件で、男性教諭が不当に処分されるようなことがあったら、

いよいよ教師なんてやってられなくなりますね。

正しいことをしたのに、一部の発言を歪曲して報道されるなんて、

すでにネット上では男性教諭の本名も晒されているみたいですが、

即刻そういったことはやめていただきたいですね。

今回の件を含め、これからどんどん教師になろうとする人が減っていくでしょう。

そうすると学校教育がどうなっていくのか、

考えるだけでも恐ろしいです。

 

教師の年収はいくら?初任給や将来的な月給についても解説

教師の残業代はいくら?月100時間の残業をすると・・・

教師はブラックなのか?民間企業に転職した元高校教師の体験談