アメリカとイギリスで意味が異なる英語表現!知っておくべき3つのフレーズ

アメリカではトイレのことを「toilet」とは言わない

アメリカでは、トイレのことを「Toilet」とは言いません。

アメリカではトイレ(お手洗い)のことを英語で「restroom」「bathroom」と表現します。

「rest」には「休憩」という意味がありますね。

ホテルなどのお上品な場所では「lavatory」という表現を使うこともあります。

Where is the lavatory? お手洗いはどこですか?

Can I use the restroom? お手洗いをかりてもよいですか?

アメリカで「Toilet」は「便器」を意味し、あまり品の良くない表現になってしまいます。

アメリカではトイレのことを「restroom」「lavatory」と呼んだ方がよいでしょう。

 

ただ、イギリスではトイレのことは「toilet」と言います。

「restroom」や「lavatory」も通じますが、イギリスでは「toilet」と言うのが一般的です。

 

ちなみに、「ちょっとトイレに行ってくる」と伝えたい場合は、

「restroom」や「toilet」などと直接的な表現を使わずに、

「I’ll be right back」=すぐに戻ってきますと伝えた方がスマートな感じになります。

スポンサーリンク

 

「pants」はズボンなのか下着なのか?

アメリカでは「pants」はズボンを意味し、

イギリスでは下着のパンツを意味します。

なのでズボンという意味で「pants」と言ったら、イギリス人に変な誤解をされる可能性もあります。

イギリス英語ではズボンのことは「trousers」と言います。

こちらも覚えておきたい知識ですね。

ちなみにアメリカ英語では下着のパンツは「underpants」もしくは「underwear」と言います。

スポンサーリンク

 

イギリスでは2階のことを「first floor」という。

イギリスでは、1階のことを「ground floor」と呼びます。

そのため、日本やアメリカでは2階にあたる部分が「first floor」となります。

イギリス英語では、

1階=ground floor

2階=first floor

3階=second floor

4階=third floor

このように非常に紛らわしい表現をしますが、イギリス人を相手に会話をするときは覚えておきたいですね。

ちなみにアメリカでは日本と同じように、1階がそのまま「first floor」となります。

スポンサーリンク

 

スピーキングパワーの評判や口コミは?社会人向け英会話教材

ロゼッタストーン(英語)の評判や効果は?内容を簡単にまとめると

エイゴックス(eigox)の評判や口コミは?低料金とアピールしているけどけっこう高い?