英語の熟語をマスターしよう!「confirm with」と「confirm to」の意味と使い方のコツ

英熟語

英語を話すときや書くときに、よく使われる熟語の一つに「confirm」があります。この単語は「確認する」「確かめる」「確定する」という意味を持ちますが、後ろに続く前置詞によって、そのニュアンスや使い方が変わってきます。特に、「confirm with」と「confirm to」はよく混同されがちな熟語です。この二つの熟語はどういう意味なのでしょうか?どういう場面で使うのでしょうか?どうやって返事をするのでしょうか?また、どんな勘違いをしないように注意すべきでしょうか?

この記事では、英語学習者のために、「confirm with」と「confirm to」の違いと正しい使い分けについて、詳しく解説します。例文やイメージを用いて、わかりやすく説明します。また、発音やアクセントのポイントもお伝えします。この記事を読めば、「confirm with」と「confirm to」の熟語をマスターすることができます。それでは、早速見ていきましょう。

この記事はこんな人におすすめ

・英熟語を暗記中の受験生
・英文法でよく間違える人

「confirm with」の使い方

「confirm with」は、「~と確認する」「~に確かめる」という意味の熟語です。この熟語は、何かをする前に、他の人や組織と情報や意見を共有したり、同意や承認を得たりするときに使います。例えば、予定や予約、注文や契約などを確認するときに使うことができます。また、自分の理解や判断が正しいかどうかを確かめるときにも使うことができます。

「confirm with」の構造は、「confirm with + 人/組織 + 何を確認するか」となります。例えば、「I confirmed with him the date of the meeting.」は、「私は彼と会議の日程を確認した」という意味になります。「confirm with」の後ろには、人や組織の名前や代名詞が来ることが多いですが、場合によっては、電話やメールなどの手段を表す名詞が来ることもあります。例えば、「I confirmed with a phone call that he received the package.」は、「私は電話で彼が荷物を受け取ったことを確認した」という意味になります。

「confirm with」の使い方の例文を見てみましょう。

  • I need to confirm with my boss before I can give you an answer.(あなたに答えを出す前に、上司と確認する必要があります。)
  • Did you confirm with the hotel your reservation?(ホテルに予約を確認しましたか?)
  • Please confirm with me your attendance by tomorrow.(明日までに私に出席の確認をしてください。)
  • She confirmed with a smile that she was happy.(彼女は笑顔で幸せだと確かめた。)
  • You should confirm with the doctor if you can take this medicine.(この薬を飲んでもいいか医者に確認すべきです。)

「confirm to」の使い方

「confirm to」は、「~に確認する」「~に合致する」という意味の熟語です。この熟語は、自分の情報や意見を他の人や組織に伝えたり、何かの基準や規則に従ったりするときに使います。例えば、申請や報告、承認や確約などをするときに使うことができます。また、事実や証拠、予想や予測などに一致するときにも使うことができます。

「confirm to」の構造は、「confirm to + 人/組織 + 何を確認するか」となります。例えば、「He confirmed to me his identity.」は、「彼は私に自分の身分を確認した」という意味になります。「confirm to」の後ろには、人や組織の名前や代名詞が来ることが多いですが、場合によっては、基準や規則を表す名詞が来ることもあります。例えば、「This product confirms to the safety standards.」は、「この製品は安全基準に合致している」という意味になります。

「confirm to」の使い方の例文を見てみましょう。

  • I confirmed to the bank my personal information.(私は銀行に自分の個人情報を確認した。)
  • Can you confirm to me that you will come to the party?(パーティーに来ると私に確約できますか?)
  • He confirmed to the police his whereabouts on the night of the crime.(彼は警察に犯罪の夜の行方を確認した。)
  • The results confirmed to our expectations.(結果は私たちの予想に一致した。)
  • You have to confirm to the rules of the club.(あなたはクラブの規則に従わなければなりません。)

「confirm with」の意味や発音・アクセント

「confirm with」の意味は、「~と確認する」「~に確かめる」ということですが、この熟語の発音やアクセントにも注意しましょう。「confirm」は、「kənˈfɜːrm」と発音します。第二音節の「fɜːrm」にアクセントがあります。また、「with」は、「wɪð」と発音します。口の中で舌を上の歯茎に近づけて、息を出しながら発音します。このとき、「th」の音は、舌の先端を歯の間に出さないようにしましょう。日本語では「ス」と発音されがちですが、英語では「ス」と「th」は明確に区別されます。例えば、「confirm with me」は、「kənˈfɜːrm wɪð miː」と発音します。このとき、「with me」は早く発音して、「wɪðmiː」とつなげてしまうことがありますが、それでも問題ありません。

「confirm with」の意味や発音・アクセントの例文を聞いてみましょう。

  • I confirmed with her the details of the project.(私は彼女とプロジェクトの詳細を確認した。)
  • Can you confirm with the airline the departure time?(航空会社に出発時間を確認できますか?)
  • He confirmed with a nod that he understood.(彼はうなずいて理解したことを確かめた。)
  • She needs to confirm with the teacher if she can take the test later.(彼女はテストを後で受けられるか先生に確認する必要がある。)
  • We confirmed with each other our feelings.(私たちはお互いに気持ちを確認した。)

「confirm with」を使う時の具体的なシーンや含まれるニュアンス

「confirm with」を使う時の具体的なシーンは、何かをする前に、他の人や組織と情報や意見を共有したり、同意や承認を得たりするときです。例えば、以下のような場面で使うことができます。

  • 仕事や学校で、プロジェクトやレポート、テストなどの内容や期限を確認するとき。
  • 旅行や食事、ショッピングなどの予定や予約を確認するとき。
  • 注文や契約、申請などの手続きや条件を確認するとき。
  • 自分の理解や判断が正しいかどうかを確かめるとき。
  • 相手の気持ちや考えを確認するとき。

「confirm with」を使うときに含まれるニュアンスは、以下のようなものです。

  • 相手に対する敬意や配慮。自分だけで決めずに、相手の意見や感情を尊重することを示します。
  • 確実性や信頼性。自分の情報や意見が正しいことを証明したり、相手の情報や意見が正しいことを確かめたりすることで、間違いやトラブルを防ぐことを示します。
  • 協力や協調。自分と相手が同じ目的や方向に向かっていることを確認したり、相手の協力や承認を得たりすることで、チームワークやパートナーシップを強化することを示します。

「confirm with」を使う時の具体的なシーンや含まれるニュアンスの例文を見てみましょう。

  • I confirmed with my team members the roles and responsibilities for the presentation.(私はプレゼンテーションの役割と責任についてチームメンバーと確認した。)
  • She confirmed with the restaurant the number of guests and the menu.(彼女はレストランに来客数とメニューを確認した。)
  • He confirmed with the seller the price and the delivery date of the product.(彼は売り手に製品の価格と配達日を確認した。)
  • We confirmed with the teacher if our answers were correct.(私たちは先生に自分たちの答えが正しいか確かめた。)
  • They confirmed with each other their love.(彼らはお互いに愛を確認した。)

このセクションでは、「confirm with」を使う時の具体的なシーンや含まれるニュアンスについて説明しました。次のセクションでは、「confirm with」に対しての返事や答え方のパターンについて見ていきます。

「confirm with」に対しての返事や答え方のパターン

「confirm with」に対しての返事や答え方は、相手の質問や要求に応じて変わりますが、一般的には以下のようなパターンがあります。

  • Yes/Noで答える場合。相手が自分に確認したいことが事実かどうかを聞いてきたときに使います。例えば、「Did you confirm with the client the deadline?」(クライアントと締め切りを確認しましたか?)という質問には、「Yes, I did.」(はい、しました。)や「No, I didn’t.」(いいえ、しませんでした。)と答えます。
  • 詳細や具体的な情報を答える場合。相手が自分に確認したいことの内容や結果を聞いてきたときに使います。例えば、「What did you confirm with the doctor?」(医者に何を確認しましたか?)という質問には、「I confirmed with the doctor my diagnosis and treatment.」(医者に自分の診断と治療法を確認しました。)と答えます。
  • 確認中や確認できないと答える場合。相手が自分に確認したいことがまだ完了していないか、できないことを伝えるときに使います。例えば、「Have you confirmed with the supplier the order?」(仕入れ先に注文を確認しましたか?)という質問には、「I’m still confirming with the supplier.」(まだ仕入れ先と確認中です。)や「I couldn’t confirm with the supplier because they were closed.」(仕入れ先が閉まっていたので確認できませんでした。)と答えます。

「confirm with」に対しての返事や答え方のパターンの例文を聞いてみましょう。

  • Can you confirm with me your name and address?(私にあなたの名前と住所を確認できますか?)
  • Yes, I can. My name is John Smith and my address is 123 Main Street.(はい、できます。私の名前はジョン・スミスで、住所は123メインストリートです。)
  • Did you confirm with the teacher the homework?(先生に宿題を確認しましたか?)
  • No, I didn’t. I forgot to do it.(いいえ、しませんでした。忘れてしまいました。)
  • What did you confirm with the manager?(マネージャーに何を確認しましたか?)
  • I confirmed with the manager the budget and the schedule of the project.(マネージャーにプロジェクトの予算とスケジュールを確認しました。)
  • Have you confirmed with your family your plans for the weekend?(家族と週末の予定を確認しましたか?)
  • I’m still confirming with them. They haven’t decided yet.(まだ確認中です。彼らはまだ決めていません。)
  • Could you confirm with the customer the delivery date?(お客様に配達日を確認できますか?)
  • I couldn’t confirm with them because they didn’t answer the phone.(彼らが電話に出なかったので確認できませんでした。)

「confirm with」に関してよくある勘違い

「confirm with」は、「~と確認する」「~に確かめる」という意味の熟語ですが、この熟語に関してよくある勘違いは以下のようなものです。

  • 「confirm with」の後ろには、人や組織の名前や代名詞が来ることが多いですが、場合によっては、電話やメールなどの手段を表す名詞が来ることもあります。しかし、その場合でも、「confirm with」は「~と確認する」という意味に変わりません。例えば、「I confirmed with a phone call that he received the package.」は、「私は電話で彼が荷物を受け取ったことを確認した」という意味になりますが、「I confirmed by a phone call that he received the package.」という文は正しくありません。「by」は「~によって」「~で」という意味の前置詞ですが、「confirm」の後ろには「with」が来るのが一般的です。同様に、「I confirmed with an email that she was coming.」は正しい文ですが、「I confirmed by an email that she was coming.」は正しくありません。
  • 「confirm with」は、「~と確認する」という意味ですが、この熟語は、自分が相手に確認する場合と、相手が自分に確認する場合の両方で使うことができます。例えば、「I confirmed with him the date of the meeting.」は、「私は彼に会議の日程を確認した」という意味にも、「彼は私に会議の日程を確認した」という意味にもなります。このように、「confirm with」は受動態にならないことが多いです。しかし、文脈や主語や目的語の関係によって、どちらの意味になるかは判断できます。例えば、「He confirmed with me his identity.」は、「彼は私に自分の身分を確認した」という意味になりますが、「He confirmed with me my identity.」は、「彼は私に私の身分を確認した」という意味になります。
  • 「confirm with」は、「~と確認する」という意味ですが、この熟語は、自分と相手が同じ情報や意見を持っていることを確認する場合にも使うことができます。例えば、「We confirmed with each other our feelings.」は、「私たちはお互いに気持ちを確認した」という意味になります。このように、「confirm with」は、お互いに確認するというニュアンスを持つことがあります。しかし、この場合でも、「confirm with」は「~と確認する」という意味に変わりません。「confirm each other」や「confirm mutually」などの表現は正しくありません。

「confirm with」に関してよくある勘違いの例文を見てみましょう。

  • I confirmed with a letter that they accepted my offer.(×)
  • I confirmed with them by a letter that they accepted my offer.(○)
  • She confirmed with me the homework.(○)
  • She confirmed me the homework.(×)
  • They confirmed with each other their plans for the weekend.(○)
  • They confirmed each other their plans for the weekend.(×)

まとめ

この記事では、「confirm with」と「confirm to」の違いと正しい使い分けについて、詳しく解説しました。この二つの熟語は、どちらも「confirm」の後ろに続く前置詞ですが、その意味や使い方は大きく異なります。「confirm with」は、「~と確認する」「~に確かめる」という意味で、他の人や組織と情報や意見を共有したり、同意や承認を得たりするときに使います。「confirm to」は、「~に確認する」「~に合致する」という意味で、自分の情報や意見を他の人や組織に伝えたり、何かの基準や規則に従ったりするときに使います。

この記事では、それぞれの熟語の意味や発音・アクセント、使う時の具体的なシーンや含まれるニュアンス、対しての返事や答え方のパターン、関してよくある勘違いなどについて、例文やイメージを用いて、わかりやすく説明しました。

英語の熟語は、単語の組み合わせによって、その意味や使い方が変わってきます。しかし、その変化にも一定のルールやパターンがあります。この記事で紹介した「confirm with」と「confirm to」の違いと正しい使い分けは、その一例です。英語の熟語をマスターするには、多くの例文や実際の会話を聞いたり、読んだり、書いたり、話したりすることが大切です。この記事を参考にして、英語の熟語を楽しく学んでいきましょう。

この記事を書いた人

職務経験:ECマーチャンダイザー、WEBマーケティング、リードナーチャリング支援
青山学院大学出身。英語の青山と言われるにも関わらず大した英語力を身に着ける事もなく卒業し、気づけばアラサーになってしまった男。
職場では突如、社内にて資料100件を毎月作ることとなり、何とかサボれないかとテクノロジー初心者がAIにハマる。「塾に行く奴」「留学する奴」だけが英語力を習得できるわけではない事を証明するためにAIで英語力を鍛え中。中の人はSEO歴5年、HubSpot歴1年

kyoroをフォローする
英熟語
kyoroをフォローする
AIで英語の読み書き話しができるようになる未来を作る

コメント